記念館「三笠」 Memorial Ship MIKASA

よくあるご質問

文字サイズ変更

Foreign Language

ホーム > 三笠保存会

公益財団法人三笠保存会

公益財団法人三笠保存会の活動概要

帝政ロシアによる侵略の危機にさらされた我が国は、挙国一致して日露戦争を戦い抜き、大きな犠牲を払いながらも、ぎりぎりの勝利を得ることができました。

公益財団法人三笠保存会は、国の委託を受け、日露戦争に勝利し独立を守った誇りの象徴として保存された記念艦「三笠」を適切に管理するとともに、展観態勢の一層の充実を図り、明治の先達の気概と比類のない献身について多くの人々に語り継ぐため、日々努力いたしております。

 

入会のお願い

記念艦「三笠」を幾世代にもわたって保存し、広く観覧に供するためには、多くの人々のお力添えが不可欠であり、是非、三笠保存会に入会されご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会員の区分及び特典は、次のとおりです。

区分 個人会員 法人・団体会員 記事
通常会員

年額:2千円(一口)

年額:1万円(一口) 三笠を支援される単年度の会員
終身会員 2万円(一口) 20万円(一口) 三笠を終身にわたり支援される会員
維持会員 5万円(一口) 30万円(一口) 三笠に対し格別の支援をされる会員

会員の特典

 

申込み方法

入会を希望される方は、メール,FAX、電話などにより、お名前、ご住所、ご連絡先をお知らせください。

事務局から入会申込書等をお送りいたします。

メール:kinenkan-mikasa@nifty.com

電話及びFaxのあて先:TEL.046-822-5225/FAX.046-822-9822

なお、詳細につきましては、三笠保存会にお問い合わせください。

 

小泉信三先生の思い

小泉信三先生(1888~1966)慶応義塾大学塾長、東宮御教育常時参与今上天皇が皇太子殿下当時のご教育に当たられた小泉信三先生は、三笠保存会設立時の総会において、次のとおり「三笠」復元の強い思いを話されています。

『自尊自重の精神のない国民が、他国の人々の侮りを受けるのは当然であり、自らを重んずる精神のないものは、弱小のものに対しては不遜となり、強大なものに対しては卑屈になることは避けがたいことであります。
 他国の武力に屈するのやむなきに至った日本人は国民としての誇りを失い、心の支えを失って、退廃に陥りました。道徳的努力を無意味なものとして嘲る思想、ひたすら官能の満足を追い求める傾向、さらに、何者かに媚びる気持ちから、しきりに日本及び日本人を侮り嘲る風潮が生じています。

記念艦「三笠」が元の姿に復元され、自尊自重の精神を取り戻すことができることは、申しようもない喜びであります』               

小泉信三先生の切々たるお気持ちが伝わってきます。