記念館「三笠」 Memorial Ship MIKASA

よくあるご質問

文字サイズ変更

Foreign Language

ホーム > 記念艦「三笠」 > 記念艦「三笠」の復元

記念艦「三笠」の復元

三笠の復元

昭和30年(1955)、三笠建造時の乗組員と親交が深かった英国の貿易商ルービン氏は、三笠の惨状を見て慨嘆し、その胸中をジャパンタイムスに投稿しました。

この記事は内外に大きな反響を呼び、同じ思いを抱いていた政財界及び旧海軍の枢要な人々が立ち上がり、昭和33年11月、三笠保存会が再興され、会長に渋沢敬三氏が、副会長には伊藤正徳、石坂泰三、澤本頼雄の三氏が、理事長に岡崎嘉平太氏がそれぞれ選出され、また、顧問には吉田茂、芦田均、小泉信三、安岡正篤、鈴木孝雄氏等が就任し、全国的な規模で「三笠」復元運動が始まりました。

そして 内外の募金1億6千万円(米海軍の2千4百万円を含む)、国の予算9千8百万円とにより復元工事が実施され、観覧態勢も整い、記念艦「三笠」は往時の姿を取り戻しました。

三笠復元に尽力された日米の提督