・キッズページ ・English
   
文字の大きさ
トップページ 記念艦「三笠」 観覧マップ イベント情報 ショッピング 観覧者の声 情報公開資料 リンク
記念艦「三笠」トップページ > 戦艦「三笠」の建造
戦艦「三笠」の建造
日本海海戦での活躍
日本海海戦の歴史的意義
記念艦として保存
戦後の荒廃
戦後の復元
御皇室と「三笠」
保存記念式
復元記念式
ご皇室のご観覧
世界の三大記念艦
所在地、アクセス
観覧時間、観覧料金
団体予約(申込)
活動概要及びご入会のお願い
小泉信三先生の思い
戦艦三笠の進水
 日清戦争に勝利した我が国は、下関条約により賠償として清国から遼東半島を割譲されましたが、強力な軍事力を極東に展開している露独仏三国の強い干渉を受け、遼東半島を清国に返還せざるを得ませんでした。
 欧米列強の軍事脅威から主権と領土を守るためには軍事力の強化が急務と痛感した時の政府は、戦艦6隻、装甲巡洋艦6隻を基幹とする「六六艦隊整備計画」を推進しました。
 「三笠」は、英国ヴィッカース造船所に発注した6隻目の戦艦であり、明治35年(1902)3月に竣工、直ちに横須賀に回航され、日露関係が悪化し戦時体制に移行した明治36年12月、連合艦隊に編入され、その旗艦になりました。
 この写真は、戦艦「三笠」がヴィッカース造船所で進水した時の様子です。
このページの先頭に戻る
2013(公財)三笠保存会 ©All Rights Reserved